なた豆茶 効能 効果 作り方 副作用

なた豆茶について調べてみました。

こちらのカテゴリーではなた豆茶の作り方から蓄膿症・副鼻腔炎などへの効果・効能

 

さらに、なた豆の持つ毒性や副作用についても調べてみました。

 

当サイトのオススメ人気なた豆茶

 

・個人的には一番飲みやすいと感じたのが「やまちや美撰なたまめ茶」
なたまめ茶

 

 

・国産の製品に拘るのであれば、「みつばちロードの伝統爽快なた豆茶」
伝統爽快ごぼうなた豆茶

 

 

・まずは、なた豆茶を試してみたい!というのであれば
「ティーライフ なた豆茶ブレンド15日間お試しセット」がおすすめです!
なた豆茶ブレンド

 

 

 

なた豆茶について記事一覧

自家製なた豆茶の作り方なた豆茶の作り方って調べてみるとあちこちに出てはいるのですが、作り方はほぼみな同じです。原材料としては、なた豆茶のその名の通り乾燥させたなた豆茶そのものを使って作ります。白刀豆(シロナタマメ) 【国産乾燥刀豆(ナタマメ)100%】1,上記のような乾燥した白なた豆をミキサーまたはコーヒーミルで粉状にします。※面倒なら、あらかじめパウダー状になっているなた豆パウダーも購入すること...

なた豆茶は口臭にどれくらいの効果があるのでしょうか?あくまで個人的な感想ではありますが、なた豆茶は「口臭」に効果がありました。少なくとも口腔内(口の中)虫歯や歯茎など含む原因の口臭に対しては効果があると感じました。逆に、ニンニクなどニオイの強い食物を食べた後のような胃から出てくるニオイには効果が無いのかもしれません。したがって、胃腸から関係する口臭に対しては効果が薄いような気がします。

なた豆は昔から「膿取り豆」とも呼ばれていて、蓄膿症や歯槽膿漏などの「膿取り効果」で知られていますが、その効果からも注目されている効能として腎機能の改善があげられます。腎臓の主な機能は、体内の血液をろ過し老廃物を尿にして排出したり、過剰なナトリウムを排出し、血圧の調節を助けたり、ホルモンを分泌して、赤血球の産生や骨の発育と維持といった重要な機能の調節を助けて血液や体液などを健康に保つ大変重要な臓器で...

なた豆には膿を出す作用があって、免疫力を向上させたり成人病を予防したりするのに効果的とされるサポニンやコンカナバリンA、カナバリンといった注目の成分が含まれています。しかし、これらの効果が期待される成分自体にわずかな毒性があり、下痢などの中毒症状の副作用を起こす危険があるとのことです。なた豆茶の毒性豆類全般にいえることですが、なた豆にもタンパク毒があります。特にタカナタマメ、タチナタマメには毒素が...

赤なた豆茶と白なた豆茶どっちが効果があるの?なた豆茶を購入するときいろいろ調べて目にするのが、なた豆自体の違い・・・。「赤なた豆」と「白なた豆」答えから言わせてもらうなら!「どっちも良い!」・・・エッ!答えになってないじゃん!?と感じるかもしれませんがコレが答えなのです。なた豆には数種の品種が存在します。タカナタマメ/タチナタマメ/アカナタマメ/シロナタマメ/ハマナタマメ/ナガミハマナタマメなどで...