なた豆茶の作り方

なた豆茶の作り方について

 

 

自家製なた豆茶の作り方

 

なた豆茶の作り方って調べてみるとあちこちに出てはいるのですが、作り方はほぼみな同じです。

 

原材料としては、なた豆茶のその名の通り乾燥させたなた豆茶そのものを使って作ります。

 

白刀豆(シロナタマメ) 【国産乾燥刀豆(ナタマメ)100%】

 

白なた豆

 

 

1,上記のような乾燥した白なた豆をミキサーまたはコーヒーミルで粉状にします。

 

※面倒なら、あらかじめパウダー状になっているなた豆パウダーも購入することができます。

 

>>> なた豆パウダー

 

2,粉状になったなた豆をフライパンなどで炒る

 

炒り具合は「きな粉」ぐらいの色合いがいいようですが、その辺はお好みでどうぞ!

 

(乾燥豆のままの段階で炒る方法もあるようですが、粉にしてから炒ったほうが均等な炒り具合になります。)

 

3,薬局などで販売されている市販のティーパックに入れます。

 

【直接入れる場合】
きゅうすやマグカップにティーパック1包を入れ、お湯を注いで2〜3分程蒸らします。 

 

 

【やかんで煮出す場合】 
やかんで沸騰したお湯に入れて弱火で約5分煮出したら出来上がり。

 

ホットでもアイスでもおいしくお召し上がりいただけます。

 

なた豆茶は香りが香ばしく、味もまろやかです。

 

濃いお茶が好きな方は煮出すと良いでしょう。

 

残ったものは、タッパーなどに入れて密封しておけば、豆を炒ってありますのでかなり長期間風味も変わらずに保存できます。

 

注意 ※豆類全般にいえることですが、なた豆にもタンパク毒があります。
とくにアカナタマメ、タチナタマメには毒素が多いと言われています。
食用には正しい処理が必要となります。
自分でなた豆茶を作るときは正しい知識のうえ自己責任でお作り下さい。

 

とりあえず市販のなた豆茶を飲んでみる!?

こだわりの「自家製なた豆茶」を作る前に、なた豆茶がどんな風味や味で実際に効果があるのかを確かめるためにも市販のなた豆茶を買って飲んでみませんか?

 

>>> なた豆茶を試してみるならコチラ!

 

 

 

>>> 京都やまちやなたまめ茶購入体験レビュー

 

 

 

 

関連ページ

なた豆茶の口臭効果
なた豆茶の口臭に対する効果について調べてみました。
なた豆茶と腎臓病
なた豆茶は腎臓病に効果があるようです!そこで腎臓病となた豆茶の関係を調べてみました。
なた豆茶の副作用
今、口臭対策で話題のなた豆茶の効能や副作用・毒性について調査してみました。
赤なた豆と白なた豆の違い
赤なた豆と白なた豆の違い、特に赤と白の種類によってどちらが効果があるのかについて調べてみました。