なた豆茶 効能 効果 作り方 副作用

なた豆茶について調べてみました。

こちらのカテゴリーではなた豆茶の作り方から蓄膿症・副鼻腔炎などへの効果・効能

 

さらに、なた豆の持つ毒性や副作用についても調べてみました。

 

当サイトのオススメ人気なた豆茶

 

・個人的には一番飲みやすいと感じたのが「やまちや美撰なたまめ茶」
なたまめ茶

 

 

・国産の製品に拘るのであれば、「みつばちロードの伝統爽快なた豆茶」
伝統爽快ごぼうなた豆茶

 

 

・まずは、なた豆茶を試してみたい!というのであれば
「ティーライフ なた豆茶ブレンド15日間お試しセット」がおすすめです!
なた豆茶ブレンド

 

 

 

なた豆茶について記事一覧

こちらのページでは、なた豆茶を自分で作るための方法を調べてみました。自家製なた豆茶の作り方なた豆茶の作り方って調べてみるとあちこちに出てはいるのですが、作り方はほぼみな同じです。原材料としては、なた豆茶のその名の通り乾燥させたなた豆茶そのものを使って作ります。白刀豆(シロナタマメ) 【国産乾燥刀豆(ナタマメ)100%】1,上記のような乾燥した白なた豆や赤なた豆をミキサーまたはコーヒーミルで粉状にし...

なた豆茶は口臭にどれくらいの効果があるのでしょうか?あくまで個人的な感想ではありますが、なた豆茶は「口臭」に効果がありました。少なくとも口腔内(口の中)虫歯や歯茎など含む原因の口臭に対しては効果があると感じました。逆に、ニンニクなどニオイの強い食物を食べた後のような胃から出てくるニオイには効果が無いのかもしれません。したがって、胃腸から関係する口臭に対しては効果が薄いような気がします。

なた豆は昔から「膿取り豆」とも呼ばれていて、蓄膿症や歯槽膿漏などの「膿取り効果」で知られていますが、その効果からも注目されている効能として腎機能の改善があげられます。腎臓の主な機能は、体内の血液をろ過し老廃物を尿にして排出したり、過剰なナトリウムを排出し、血圧の調節を助けたり、ホルモンを分泌して、赤血球の産生や骨の発育と維持といった重要な機能の調節を助けて血液や体液などを健康に保つ大変重要な臓器で...

なた豆には膿を出す作用があって、免疫力を向上させたり成人病を予防したりするのに効果的とされるサポニンやコンカナバリンA、カナバリンといった注目の成分が含まれています。しかし、これらの効果が期待される成分自体にわずかな毒性があり、下痢などの中毒症状の副作用を起こす危険があるとのことです。なた豆茶の毒性豆類全般にいえることですが、なた豆にもタンパク毒があります。特にタカナタマメ、タチナタマメには毒素が...

赤なた豆茶と白なた豆茶どっちが効果があるの?なた豆茶を購入するときいろいろ調べて目にするのが、なた豆自体の違い・・・。「赤なた豆」と「白なた豆」答えから言わせてもらうなら!「どっちも良い!」・・・エッ!答えになってないじゃん!?と感じるかもしれませんがコレが答えなのです。なた豆には数種の品種が存在します。タカナタマメ/タチナタマメ/アカナタマメ/シロナタマメ/ハマナタマメ/ナガミハマナタマメなどで...

臭い玉って知っていますか?突如、喉の奥から出てくるピーナッツの胚芽がふやけたような白っぽい粒?何気なくエッヘンと咳払いとかをするとポロッと出てきたことはありませんか?指で潰してニオイを嗅ぐとメチャクチャ臭い!この臭い玉(クサイダマ)の正体は膿栓(のうせん)といわれるもの。この臭い玉は病気とか不潔にしているからとか特別な人だけできるわけじゃなく、あなたの喉の奥にも存在している物質なのです。体外から侵...

一般的に血圧を下げて安定させるのに良いと言われているお茶で有名なものはそば茶杜仲茶どくだみ茶などが有名です。では、なた豆茶はそれほどでもないのか?いいえそうではありません!なた豆茶の有用成分は血圧そのものより、血液を浄化する臓器を助けになるからです。理由としては、腎臓を元気にしてくれるから!腎臓と血液は切っても切れない関係にあります。体内の血液をろ過して老廃物を排出する、血液をクリーニングしてくれ...

妊娠中は避けたほうがいい食べ物や飲み物が存在しています!やはりお腹の中の赤ちゃんに悪い影響を与えるようなものは摂取したくありませんからね!なた豆茶は妊婦さんが飲んでも安全です!妊娠中に気になるカフェインも入っていません。なた豆茶はアレルギー症状の改善に効果が期待できるので、鼻炎や花粉症などのアレルギーに苦しんでいながら薬も飲めない妊婦さんには特にオススメですよ。赤ちゃんのことを考えると妊娠中や授乳...

なた豆茶の有効成分と効果を調べてみました。なた豆にはカルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル成分が含まれています。中国では古くから漢方薬として重用されてきました。なた豆は東洋医学的な面からも健康に良い作用をもたらすものとされています。なた豆の漢方としての効用を具体的にあげると「血行促進、血液浄化、排膿、消炎」などです。特に効果の面でよく言われるのが排膿作用です。排膿作用とは読んで...

蓄膿症とは鼻の奥の副鼻腔という顔面の骨にできた空洞に膿が溜まることです。鼻ががつまったり、嫌なニオイがしたりといった不快な症状を引き起こします。原因としては、風邪ウイルスや細菌、鼻のアレルギー、鼻の形などが原因となります。また歯や歯肉の炎症、大気汚染、ストレス、極度の偏食なども原因として考えられています。一般的には「副鼻腔炎」と呼ばれる一過性のものですが、慢性化して炎症部分に膿が多量に溜まってしま...

なた豆には、尿素を分解する働きのある酵素「ウレアーゼ」が多く含まれています。ウレアーゼの豊富ななた豆は、腎機能を改善する可能性があると考えられています。腎臓の役目は1,血液をろ過して尿を作る2,気候や体調によって汗や尿の濃度をコントロールする3,血圧を調節する4,血液や骨に必要なホルモンを作る腎臓は血液をろ過して、身体に不要なものを尿にして体外に排出します。当然肝臓が健康になると利尿作用も活発にな...