なた豆茶の副作用 毒性

なた豆茶の副作用について

腹痛

なた豆には膿を出す作用があって、免疫力を向上させたり成人病を予防したりするのに効果的とされるサポニンやコンカナバリンA、カナバリンといった注目の成分が含まれています。

 

しかし、これらの効果が期待される成分自体にわずかな毒性があり、下痢などの中毒症状の副作用を起こす危険があるとのことです。

 

 

なた豆茶の毒性

豆類全般にいえることですが、なた豆にもタンパク毒があります。

 

特にタカナタマメ、タチナタマメには毒素が多いと言われています。

 

食用には正しい処理が必要となります。

 

一般的には白ナタマメが食用で赤ナタマメには毒があるなどと噂されていますが、実際には赤ナタマメも食用としてカレーライスなどに乗せる「福神漬け」などに利用されています。

 

どちらのナタマメ豆も完熟するとそのまま食べれませんが、白ナタマメも赤ナタマメも十分煮沸焙煎するなど加熱して食べる事ができます。

 

 

肝心なことは、知識も無く、自分でなた豆を育ててお茶を作ったり、安価なだけがウリの粗悪な、なた豆茶を購入しなければ、副作用など毒性については心配する必要ありません。

 

 

>>> 通販で購入できるオススメなた豆茶はコチラ!

 

関連ページ

なた豆茶の作り方
自前のなた豆茶の作り方レシピを紹介しています。
なた豆茶の口臭効果
なた豆茶の口臭に対する効果について調べてみました。
なた豆茶と腎臓病
なた豆茶は腎臓病に効果があるようです!そこで腎臓病となた豆茶の関係を調べてみました。
赤なた豆と白なた豆の違い
赤なた豆と白なた豆の違い、特に赤と白の種類によってどちらが効果があるのかについて調べてみました。